プロゲステロンについて解説

女性ホルモンは、2つの種類があります。
わたしはつい最近まで知りませんでした。
女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンと2種類あり、各々に役割がきちんとあります。
この2つがきちんと働くことで、女性のきれいや妊娠などの体の働きが成り立っています。
エストロゲンは女性らしさを引き出すホルモンとして働いています。

美しくなるホルモンです。
髪の毛にツヤ、ハリ、コシ、そして、バストを大きくしてくれたりと乳腺の発達も!
バストを大きくしたい!という人は、このエストロゲンを増やしたりもします。
きれいになるにはエストロゲンを増やすといいですね!

では、プロゲステロンとは、どういった働きをするのでしょうか。
プロゲステロンは、女性の月経期間を決め、妊娠、出産に大きく関わるホルモンでもあります。
乳腺の発達にも関わりを持ちます。
赤ちゃんに母乳を与えるために、バストが大きくなるのはこのためでもあります。
そのほかにも、女性ホルモンのバランスの乱れを改善したり、子宮内膜、子宮筋の働きを調整したりもします。
エストロゲンは月経の終わり頃から分泌され、排卵期になると、エストロゲンの分泌は減り、プロゲステロンの分泌がされます。
このバランスがあるからこそ、女性の体は成り立ちます。
セルノートとは